栖賢寺復興寺業ご協力のお願い

謹啓 

 栖賢寺は檀家制度のないお寺です。法友の皆様の善意によってのみ成り立っています。

 無住時代が続き、境内は荒れていましたが、2016年7月の入寺以来、本当に様々なご縁を頂いて参りました。お布施(喜捨)のみならず、様々な形でのお寺への善意を日々目の当たりにさせて頂き、聖地をお守りする者の有難い役目を感じております。感謝しきれることではありません。

 この先、屋根の葺き替えを始め、老朽化した伽藍の改修など、様々な問題があります。

 金銭的なご協力の他に、掃除や草引き畑仕事などの作務のボランティアなど、栖賢寺のサポーターも広く募集しております。

 

 坐禅会の参加に限らず、栖賢寺の維持と復興の活動にご興味のある方は、是非一度お問い合わせの上活動にご参加ください。

 

 皆様の平安の今を、心よりお祈りいたしております。

頓首敬白

栖賢寺住職 宗貫

 

 

栖賢寺本堂及び庫裡屋根瓦全面改修

寄進のお願い

 

 

謹啓

 皆様方ご健勝の条法、幸に存じ上げます。平素より栖賢寺の寺院活動にご協力賜り誠に有難うございます。

 栖賢寺は昭和7年にこの地に建立されて以来、一度も瓦の葺き替えをされないまま、85年の風雪に耐えてきました。しかしながら近年、室内の雨漏りがひどく、軒先きは野地板が腐り落ち、下から直に瓦が見えるような劣化の著しい状態となっており、調べてみますと、早急に葺き替えをしなければ、建物の構造にも被害がでる状況にあることがわかりました。

 私は昨年2016年7月に当寺に入寺いたしましたが、皆様方の多大なるご善意のおかげで、台所浴室の改修工事を終えることができました。暖かいご支援、心から感謝申しあげます。しかしながら当寺は、檀家が無く、無住の時期が続いたこともあり、引き継ぐべき予算や、屋根普請用の積み立てなどがありません。

 つきましては、誠に恐れながら、寺門復興にご理解くださる皆様のお力添えを、お願いする次第でございます。瓦葺き替えは費用のかさむ大工事ですが、85年前に、当寺を建立された方々の平和を愛す善意を感じますと、次の世代のまだ見ぬ子供達の平安に寄与する心の拠り所として、この伽藍を残していくべき使命を思います。

 時節柄、はなはだ恐縮でございますが、少しでも多くの皆様方の心温まる浄財のご寄進をお願いしたく思っております。布施行を通じて善徳の縁が広がり、皆様と全ての衆生の平安の因とならんこを心よりお祈りしております。何卒、事情ご賢察の上、ご理解ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

頓首敬白

 

                       平成29年3月吉日

臨済宗大徳寺派栖賢寺 現住 宗貫 拜

 

 

 誠に恐縮ですが、瓦一枚につき、3千円の浄財をお願い申し上げます。

 なお、ご寄進いただいた瓦に、施主様のお名前や願意を書いた上で、屋根を葺き替ます。

お名前などはご自分で直接書いていただいても結構ですし、こちらでお書きするすることもできますのでご連絡ください。

 

屋根瓦葺き替え総予算 四千万円

浄財お振込先(ゆうちょ銀行から)

ゆうちょ銀行 00960-8-311306  宗教法人 栖賢寺 シユウ)セイケンジ

 

他行からの振込

店名:〇九九(ゼロキユウキユウ)店 当座 0311306

  • Facebookの - 灰色の円

 Seikenji Zen Temple Official Page 

栖賢寺

  seikenji.kyoto@gmail.com

20 Suisha-cho Kamitakano Sakyo-ku Kyoto, Japan